毛穴に詰まった角栓を、一瞬で取り去ってくれる毛穴パック。
あなたは「適度な使用」を守れていますか?

毛穴が広がり「黒ずみ」もできる

毛穴パックを貼って、はがす。
そのあまりの取れ具合に快感を覚えます。

ですよね?
確実に、しかも残らず角栓が取れるのでヤミツキになる人が多い毛穴パック。

2週間に1度程度ならそれほど問題はないのですが

やり過ぎるとかえって毛穴が広がってしまいます。

 

それだけではありません。

「はがす」という行為は肌に負担を与えています。

その刺激で色素沈着(黒ずみ)を作ってしまうリスクだってあるんです。

 

毎日のマイルドな洗顔だけで

本来、はがれるべき古い角質は取れて洗い流されるように

肌の仕組みは出来上がっています。

 

しかし、「強制的に」毛穴パックで古い皮脂(角栓)を引っ張りはがす事によって

必要な角質まではがしてしまうことになるのです。

 

この角質の中には、あなたの肌を守ってくれている

バリア機能も含まれています。

 

バリア機能が失われた肌は

体内からの水分の流出を防げなくなります。

外部からの刺激(紫外線や大気中の汚れなど)から

肌を守れなくなります。

 

結果的に、

毛穴が広がったり、黒ずみができてしまう上に

乾燥肌がひどくなったり、シミが増えたり・・・

新たな肌トラブルが引き起こされることにつながっていくんですね。
ほおづえをついただけで、それが「刺激」になり

シミやシワになってしまうほど肌はとてもデリケートです。
角栓が気になっているのなら、

ホットタオルで毛穴を開かせてから通常通りの洗顔をしたり、

それでもダメなら酵素洗顔料を使ってみるなど・・・。

肌にやさしいケアを試してみてください。
毛穴パックは絶対に使ってはいけないということはないですが

奥の奥のそのまた奥の手です。