頭皮に続いて皮脂腺の活動が盛んな「顔」。

皮脂腺の活動が活発なので、毛穴も目立つんですね。

特に毛穴の数が多いTゾーンや頬はテカるし毛穴も大きく見えます。

今、これを読んでくださっているということは、

あなたも毛穴について何かしらの悩みを抱えているのではありませんか?

「毛穴の黒ずみ、無理に隠していませんか?」

皮脂分泌量が多い鼻や小鼻のまわりにできる黒ずみ。

原因は2つあります。

「汚れ」と「刺激」。

汚れが原因の黒ずみ

余分な皮脂と古い角質が混ざり合って毛穴に汚れが詰まります。

これが空気に触れて酸化し黒ずみに。

黒ずみや角栓を除去しようとして「色素沈着」

鼻の角栓や黒ずみが気になって、はがすタイプの毛穴パックや無理に角栓を取ろうとするケースが多いんです。

この刺激はメラニンを生み出す原因になります。

メラニンは肌を刺激から守るために作られるもの。

ケガをした後にシミができるのと同じ理屈です。

メラニンは一度できた場所に繰り返してできる性質を持っています。

毛穴ケアのつもりでやっていることが、メラニンを作る原因になっているパターンがかなりあります。

こうなれば毛穴の色は濃くなっていく一方です。

何をやっても毛穴の黒ずみが解消されないので

とりあえずファンデーションで隠そうとします。

しかも重ねづけ。

厚く塗ったファンデーション(油分)と皮脂が混ざり合い、

夕方になる頃には肌の上はまるで鉄板焼きのように油でギトギト。

化粧くずれだけでは済みません。

皮脂は酸化し、肌は一気にくすみが出ます。

焦ったあなたが化粧直しで更にファンデを塗り直す。

しかしまた皮脂が分泌されるので、化粧直ししたところなのに

すぐに化粧くずれが起きる・・・

延々と続く悪循環。

鼻の黒ずみどころか肌全体にくすみが出るようになり

おまけに老けて見られるようになるのです。

毛穴の黒ずみは決して無理に隠さないこと。

ファンデーションを塗らない男性も安心してはいけません。

目先の「黒ずみ対策」だけに終わらない

黒ずみを作らない、すぐにできる対策はクレンジングをキッチリ行うということ。

女性でも男性でも、汚れがちゃんと落ちていないから汚れが毛穴をフタしてしまうのです。

汚れをきちんと落としたら、目先だけのお手入れに終わらず

三ヶ月後・半年後・一年後のための毛穴ケアを忘れずに。

肌のハリ・弾力があってこそ毛穴は目立たなくなるものです。

しっかり保湿。アンチエイジング。

黒ずみも嫌なものですが、毛穴を目立たせないことが基本です。

誰でも毎日毎秒老化しています。

黒ずみもたるみ毛穴も作らない賢いスキンケア、思い立った時が始め時ですよ^^